【婚活】結婚に求めるものとは?~今と昔の違い~

kekkonnimotomerumonotoha

こんにちは、仙台の結婚相談所 マリッジコネクトです☺

昔はみーんな結婚できて
うらやましいな~(´- 3 -`)🌀

なんて思ったことはありませんか?

私はあります!!!!(笑)

写真を見てから、たった1回会っただけの人と
3日後には結婚。

なんて、おばあちゃん世代のころは
ザラにあったわけです。

(結婚にはある程度の強制力が必要なのか…?
しかし周りにあおってもらうなんて頼めない…)

そもそも、【結婚】というものにたいして
求めるものが今と昔では全く違います。

⭐昔の結婚
⭐今の結婚
⭐しあわせな結婚を選ぶために

 

⭐昔の結婚

昔は、家柄や評判、誰かからの紹介で
若い年齢のうちに結婚することが多かった。

いまは「婚活」という新しい言葉までできている。

それはなぜでしょう🤔

・自分自身(本人)が食べていくため
・実家の社会的地位をあげるため
・(嫁ぎ先で)働き手がほしいから

こうした理由がほとんどでした。

だから、嫁ぐ側の女性が肩身狭く
男性に従うことは当然だという
ような立ち位置をしのんでこれたと考えられています。

男性も「献身的に支えてくれる」と
謙虚に相手を大切に思う人もいれば、
一人前の男として認められるために
好きでもない女といなければならない
イラだちもあります。

お互いがそれぞれの事情を受け入れ
お互いを大切に思えたらもちろん素敵です💝

結婚の背景や本人の思いを考えると
“結婚”というものが、本人たちにとって
本当の意味での幸せな選択かどうか
わからない時代だったのだと思います。

時代が令和になった今も
この考え方は、私たちに未だに根強く残っているため
現代を生きる私たちは

「結婚しないなんてかわいそう」
「〇〇の旦那さんは医者なんだって」

などと、勝手にかわいそう認定されたり
ステータスをあげてくれるんですよね😂(笑)

でも、そうした
どちらかに依存して生きる
という時代は、もう終わりつつあります。

 

⭐今の結婚

では、現代での【結婚】との違いはなにか?

それは
【心のよりどころとして、共に生きる】
ここが大きく違うのではないかと思います。

食べていくことが一番大切だった時代から、
技術が発展し、生活も便利で快適、
一人でも生きていける時代です👣

“食べるための結婚”は
しなくてもいい世界になっています。

だから、自由恋愛ができるのだと思います。
(もちろん、婚活の自由もあります)

楽しみも人生の選択肢も、
やり方も多様化している一方で、
新種の感染症での失業リスク、
大企業のリストラなど
実力と技術がないと残れない
厳しい社会にもなっています。

そうした変化の中で
忙しさや将来の不安から、
心の病や虚無感といった
【精神的なよりどころ】は
より強く求められている
と感じてなりません。

(たぶん、不倫や浮気が身近にあるのも
安心ややさしさが感じられない人が多いから
なのかも…)

昔のように
【一家の大黒柱は1人】と
決めて生活していても
今が何とかなればいいのかもしれませんが
私は、そうした考えは無責任だと感じます。

いろいろな働き方があって
リストラも倒産も起きている今、
複数の収入源を作り、
それぞれにかかる心身の負担を軽くすることが
必要なのではないかなと思います。

どんな状況であろうと
スキマ時間にちょこちょこ稼げる、
数年のブランクがあっても新しくスタートできるなど
今はネットを駆使してどこでも稼ぐことはできます。

万が一の事態が起きて

「私を養ってくれるのは当然でしょ!」
「仕事がなくなって、明日からどうするの!」

👆こうした言葉より、

「あなたのことをこんな風に思っている。
だから、少しくらい休んでもいいよ。
●カ月くらいなら、私も支えられるから」

「そっか。実は、今こんなことで
少しずつ稼げるようになってきたんだ。
まだまだ少ないけど、一緒にがんばろう?」

と、声をかけられたほうがうれしいし、
「この人を選んでよかった。しっかりしなきゃ!」
と自分に喝を入れられると思います😌

「この人に依存する」と決めたのは
本人の責任でもあるはずなのに
誰かに依存して生きている人は
必ず相手に自分の人生の責任を押しけてくる。

今をしっかり見て、自分の足で立てる人は
休むことの大切さを知っているため、
多少の金銭的な余裕を作ろうとし
相手に思いやりと、
適度なはっぱをかけることができると思います。

欠点を補いあい、お互いを支えることがきる。
少なくとも自分で生きていけるだけの収入は確保する。

これは、現代に生きる上で
“結婚”を選択したい人にとって
忘れてはいけない意識の一つだと思っています。

自分の人生の責任は、自分でとる

この意識があると、
“結婚”そのものの見方、
自分が自分のためにどう生きたいか
幸せな結婚とは何か

見えてくるのかもしれません😊

___________

———-

当社は、登録会員数および成婚数No.1の日本結婚相談所連盟(※)の加盟相談所です。

(※2020年9月 日本マーケティングリサーチ機構調べ )

———-
🕊Twitter

________________________________________