地雷注意!男性が言いがちな地雷ワード一覧

dansiegaiigatinajiraiwa-doitiran

こんにちは、仙台の結婚相談所マリッジコネクトです(^J^)

どんなに仲がいい二人でも、
なにげない一言で一気に地獄を見てしまう、という経験はありませんか?

特に、男女間では良かれと思って発言したことが
思いがけずに相手の逆鱗に触れてしまうこともあります。

大抵の場合、相手が突然怒り出したり、急に嫌味を言って来たり
黙って距離を置かれる対応をされることが多いようです。

一番ベストな対応としては

・なぜ起こっているのか?

・いやな思いをさせたことを、まず素直に謝る

・自分の気持ち(解決してあげたかったなど)を伝える

・これからどうしてほしいか話し合う

これらの順番が理想です。

これができるカップルは、お互いの素直な信頼関係が
構築されやすいので、満足度の高い関係性を作っていけます。

ただ、婚活や結婚相談所での初めてのお見合い・仮交際の時点では
なかなかそうも行きにくい場合があると思います。

今日は、そんな時に思い出してほしい地雷ワードについて
ピックアップします。

男性の皆さんは、これを頭に入れて口癖を見直してみるといいかもしれません。
下記に並べる言葉は、女性の抵抗感を高め、
孤独を感じさせてしまう可能性が高いものです。
(ケンカ・すれ違いを引き起こしやすい原因となる)

女性の皆さんは、これらを言われた場合、突然キレるのではなく
冷静に指摘したり、「ただ○○してほしくて話しているの」と
自分の気持ちを我慢せず伝えられるヒントにしてくださいね!

「そんなこと、まったく気にする必要ないじゃん」
「あなたが言うほどの問題じゃないんじゃない」
「そうは言うけど、自分は全然そう思わない」
「わかった、わかった!もうそんなことさっさと忘れようよ」
「文句ばかり言うなよ。まずやってみれば?」
「そんなに落ち込むなって。自分はそんなつもりで言ったんじゃないよ」
「だから?」
「~っていうけど、そんな風に感じちゃだめだろう」
「なんでそんなこと言うんだ?俺はお前と一緒にいただろ!」
「俺が~すれば、お前は気が済むんだろ?」
「君は~したいのはわかったよ。だったら、君は~するべきだ」
「よく考えろ。どうにもならないだろ」
「そんなに不満なら、やらなきゃいいじゃん」
「だからそんな目に合うんだよ。直すべき。」
「そんなに不満に思うなら、離婚(別れ)したほうがいい」
「もういい。だったら、好きにすれば?」
「当然あなたが好きだよ。なんでそんなこと言うのかわからない」
「何が言いたいの?結論は?」
「今の問題の本質は、あなたの言っていることと関係ない」

ざっと、こんなところです。

これらの言い方は、女性の感情を逆なでし
反感・反抗を招くだけです。

男性は、まずは上記のような言い方を頭の中から消すようにしましょう。
女性が感情的になったら、言いたいことを第一に吐き出させることが
とても重要です。

とにかく相手の言うことを黙って聞く。(吐き出させる)
男性の親切なところでアドバイスをした気持ちでいても、
女性からすると「私のことを否定・拒否している!裁かれている!味方になってくれない」
という受け取り方をされやすい場合が多くあります。

なぜなのかは別の回でお話ししますが、
今回は、こうした言い方を振り返ってみてくださいね。
(もちろん、女性側にも気を付けることがあるという前提で)

強固な信頼関係は、どちらかが頑張ったり、
三日三晩でできるようなものではないのです。

最初は「相性がいい!」というカップルほど
別れるときは「やっぱり相性が悪かった」で終わります。

もともとの相性はあるかもしれませんが、
理解し、すり合わせていくことはできます。
むしろ、そうしてすり合わせられたものの方が
後々相性が良くなっていく可能性が高いです。

お互いがそれぞれ男女の心理を理解し、相手を見つめ
少しずつ試行錯誤しながら”育んでいく”という意識が大切です。

地雷注意!男性が言いがちな地雷ワード一覧

こんにちは、仙台の結婚相談所マリッジコネクトです(^J^)

どんなに仲がいい二人でも、
なにげない一言で一気に地獄を見てしまう、という経験はありませんか?

特に、男女間では良かれと思って発言したことが
思いがけずに相手の逆鱗に触れてしまうこともあります。

大抵の場合、相手が突然怒り出したり、急に嫌味を言って来たり
黙って距離を置かれる対応をされることが多いようです。

一番ベストな対応としては
・なぜ起こっているのか?
・いやな思いをさせたことを、まず素直に謝る
・自分の気持ち(解決してあげたかったなど)を伝える
・これからどうしてほしいか話し合う

これらの順番が理想です。

これができるカップルは、お互いの素直な信頼関係が
構築されやすいので、満足度の高い関係性を作っていけます。

ただ、婚活や結婚相談所での初めてのお見合い・仮交際の時点では
なかなかそうも行きにくい場合があると思います。

今日は、そんな時に思い出してほしい地雷ワードについて
ピックアップします。

男性の皆さんは、これを頭に入れて口癖を見直してみるといいかもしれません。
下記に並べる言葉は、女性の抵抗感を高め、
孤独を感じさせてしまう可能性が高いものです。
(ケンカ・すれ違いを引き起こしやすい原因となる)

女性の皆さんは、これらを言われた場合、突然キレるのではなく
冷静に指摘したり、「ただ○○してほしくて話しているの」と
自分の気持ちを我慢せず伝えられるヒントにしてくださいね!

「そんなこと、まったく気にする必要ないじゃん」
「あなたが言うほどの問題じゃないんじゃない」
「そうは言うけど、自分は全然そう思わない」
「わかった、わかった!もうそんなことさっさと忘れようよ」
「文句ばかり言うなよ。まずやってみれば?」
「そんなに落ち込むなって。自分はそんなつもりで言ったんじゃないよ」
「だから?」
「~っていうけど、そんな風に感じちゃだめだろう」
「なんでそんなこと言うんだ?俺はお前と一緒にいただろ!」
「俺が~すれば、お前は気が済むんだろ?」
「君は~したいのはわかったよ。だったら、君は~するべきだ」
「よく考えろ。どうにもならないだろ」
「そんなに不満なら、やらなきゃいいじゃん」
「だからそんな目に合うんだよ。直すべき。」
「そんなに不満に思うなら、離婚(別れ)したほうがいい」
「もういい。だったら、好きにすれば?」
「当然あなたが好きだよ。なんでそんなこと言うのかわからない」
「何が言いたいの?結論は?」
「今の問題の本質は、あなたの言っていることと関係ない」

ざっと、こんなところです。

これらの言い方は、女性の感情を逆なでし
反感・反抗を招くだけです。

男性は、まずは上記のような言い方を頭の中から消すようにしましょう。
女性が感情的になったら、言いたいことを第一に吐き出させることが
とても重要です。

とにかく相手の言うことを黙って聞く。(吐き出させる)
男性の親切なところでアドバイスをした気持ちでいても、
女性からすると「私のことを否定・拒否している!裁かれている!味方になってくれない」
という受け取り方をされやすい場合が多くあります。

なぜなのかは別の回でお話ししますが、
今回は、こうした言い方を振り返ってみてくださいね。
(もちろん、女性側にも気を付けることがあるという前提で)

強固な信頼関係は、どちらかが頑張ったり、
三日三晩でできるようなものではないのです。

お互いがそれぞれ男女の心理を理解し、相手を見つめ
少しずつ試行錯誤しながら”育んでいく”という意識が大切です。
地雷注意!男性が言いがちな地雷ワード一覧

こんにちは、仙台の結婚相談所マリッジコネクトです(^J^)

どんなに仲がいい二人でも、
なにげない一言で一気に地獄を見てしまう、という経験はありませんか?

特に、男女間では良かれと思って発言したことが
思いがけずに相手の逆鱗に触れてしまうこともあります。

大抵の場合、相手が突然怒り出したり、急に嫌味を言って来たり
黙って距離を置かれる対応をされることが多いようです。

一番ベストな対応としては
・なぜ起こっているのか?
・いやな思いをさせたことを、まず素直に謝る
・自分の気持ち(解決してあげたかったなど)を伝える
・これからどうしてほしいか話し合う

これらの順番が理想です。

これができるカップルは、お互いの素直な信頼関係が
構築されやすいので、満足度の高い関係性を作っていけます。

ただ、婚活や結婚相談所での初めてのお見合い・仮交際の時点では
なかなかそうも行きにくい場合があると思います。

今日は、そんな時に思い出してほしい地雷ワードについて
ピックアップします。

男性の皆さんは、これを頭に入れて口癖を見直してみるといいかもしれません。
下記に並べる言葉は、女性の抵抗感を高め、
孤独を感じさせてしまう可能性が高いものです。
(ケンカ・すれ違いを引き起こしやすい原因となる)

女性の皆さんは、これらを言われた場合、突然キレるのではなく
冷静に指摘したり、「ただ○○してほしくて話しているの」と
自分の気持ちを我慢せず伝えられるヒントにしてくださいね!

「そんなこと、まったく気にする必要ないじゃん」
「あなたが言うほどの問題じゃないんじゃない」
「そうは言うけど、自分は全然そう思わない」
「わかった、わかった!もうそんなことさっさと忘れようよ」
「文句ばかり言うなよ。まずやってみれば?」
「そんなに落ち込むなって。自分はそんなつもりで言ったんじゃないよ」
「だから?」
「~っていうけど、そんな風に感じちゃだめだろう」
「なんでそんなこと言うんだ?俺はお前と一緒にいただろ!」
「俺が~すれば、お前は気が済むんだろ?」
「君は~したいのはわかったよ。だったら、君は~するべきだ」
「よく考えろ。どうにもならないだろ」
「そんなに不満なら、やらなきゃいいじゃん」
「だからそんな目に合うんだよ。直すべき。」
「そんなに不満に思うなら、離婚(別れ)したほうがいい」
「もういい。だったら、好きにすれば?」
「当然あなたが好きだよ。なんでそんなこと言うのかわからない」
「何が言いたいの?結論は?」
「今の問題の本質は、あなたの言っていることと関係ない」

ざっと、こんなところです。

これらの言い方は、女性の感情を逆なでし
反感・反抗を招くだけです。

男性は、まずは上記のような言い方を頭の中から消すようにしましょう。
女性が感情的になったら、言いたいことを第一に吐き出させることが
とても重要です。

とにかく相手の言うことを黙って聞く。(吐き出させる)
男性の親切なところでアドバイスをした気持ちでいても、
女性からすると「私のことを否定・拒否している!裁かれている!味方になってくれない」
という受け取り方をされやすい場合が多くあります。

なぜなのかは別の回でお話ししますが、
今回は、こうした言い方を振り返ってみてくださいね。
(もちろん、女性側にも気を付けることがあるという前提で)

強固な信頼関係は、どちらかが頑張ったり、
三日三晩でできるようなものではないのです。

お互いがそれぞれ男女の心理を理解し、相手を見つめ
少しずつ試行錯誤しながら”育んでいく”という意識が大切です。

___________

———-

当社は、登録会員数および成婚数No.1の日本結婚相談所連盟(※)の加盟相談所です。

(※2020年9月 日本マーケティングリサーチ機構調べ )

———-

🕊Twitter

________________________________________