婚活

親は自分の”未来の姿”、それは本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
oyahajibunnomirainosugata,sorehahontouka

こんにちは、仙台の結婚相談所 マリッジコネクトです。
カラッと晴れて、とてもすがすがしい天気の仙台です。

今日は、「カエルの子はカエル」ということわざがあるように
「親と子」について考えてみたいと思います。
________________________________

教師の家系は代々教師になる人が多い、
医者の子は医者や医療関係に携わり、
音楽家は音楽家の道へ…

など、親の仕事が子どもに続いていくように
考え方や価値観も似てくることが多いものです。

それは、普段の生活に自然とそれらに関連する書物や
道具が目に入っていたり、親の働く姿から
「大人とは、働くとはこういうもの」というイメージが
しやすいから、とも言えます。

特に、人間関係、結婚においては大きな影響を与えられています。

自分の家庭がすべての世界だった幼少期から、
成長とともに関わる人が増えてくると
自分の世界観も広がってきます。

担任の先生、習い事の先生、友達の親、本で・ユーチューブでみたあの人。

たくさんの「人」を知ります。

その中で、「やっぱり親と同じ仕事を選ぶ」という人は
多いのかもしれません。

家庭は一番身近な「人間関係」

仕事だけでなく、それは結婚や男女関係に対する考え方も
似てくる場合が多いのです。

上記にありますように、幼いころは「家庭」が世界のすべてです。
成長していく中でも、家庭は常に身近にある人間関係に変わりありません。

だから、DVされて育った子供が感情がコントロールできなくなると
手が出てしまう、といった「負の家庭(家系)内連鎖」が続くことに繋がります。

特に、5歳くらいまでの記憶は無意識に深く刻み込まれ
本人の本質的な性格、考え方、対人関係に
大きな影響をもたらすと言われています。

そしてそれは、【同性の親】に似る傾向が強くなります。

母親の悪口を言う父を見て育った男性は、
女性をバカにしたり見下すことが普通。

1人親でも「あなたがとても大切だよ」と
素直な親からの愛情表現のもとに育てば、
自分を受け入れることができ、前向きに生きていける人になる。

反面教師として親をみて「親はこうだったけど、
私はこうしたほうがいいと思う」と
しっかり感じて気づける人もいますので、
一概に「必ず親に似る」とは言い切れませんが
心理学研究の調査では、その傾向は多くあるようです。

親は自分の”未来の姿”か

ここまで読んだ方は「自分は将来、親のようになるのか」と
感じられた方もいるかもしれません。

親が糖尿病だから、自分もそうなる。
肝臓が悪いから、自分も同じ病気になるに違いない。

はたして、本当にそうでしょうか?

研究はひとつの「結果」にすぎません。
絶望の原因や「親がこうだから」という言い訳にしてもならない、と
私は思います。

ちなみに、遺伝的な問題を除き、糖尿病をはじめとする生活習慣病は
名前の通り【生活習慣】を見直し、注意の方向を気を付けるだけで
かかりにくくなることもわかっています。
肺がんや肝臓が悪くなりやすい方は、たばこや排気ガス、飲酒の習慣について
見直してみてください。

こうして病気という視点で見てみると
多くの「親との共通点」は、一種の【思い込み】であることが分かります。

親や祖父母、親せきなどは【血のつながった一族】であることは確かです。
しかし、それが【あなた自身】ではないはずです。

「ある傾向や特徴」は似ているかもしれませんが
まるっきりのあなたとは違います。

【気を付けるポイント】に気づいていないだけ。
ここがとても大切です。

そもそ、もあなたは【あなた】以外の何者でもなく、
ただ【自分】という、いち個人があるだけです。

親も、自分も、生まれてくる子供も、親せきも
すべて別の人間で、しっかり意思があります。

親は親、自分は自分。
親の運命と自分の運命は、本来は【別物】なのです。

同じ人生を進むのか、違う道を選ぶのか。
親の人生を背負いたいのか、自分の人生を生きたいのか。

どの生き方を選ぶのかは、あなた次第です。

ここで「親は自分と同じ生き方を望んでいる」と思った方は
一度自分に聞いてみてください
_____________________________
 ・それは、直接親の口から聞きましたか?
 ・あなた子どもができたとき、子どもの幸せは
  あなたと同じ道を歩めば絶対に幸せになりますか?
 ・子どもに「自分と同じ生き方をしてくれ」と言えますか?
_____________________________

これに、はっきりと「イエス」と答えられない場合は
あなたが、親と同じ生き方をしなくてもいいのではないでしょうか。

親は親の都合や希望があり、そこに全て答え続けているのは
一種の「親離れできていない」状態と変わりありません。

親を尊敬している場合、

「親はこんないいところがあって、私は尊敬している。
 だけど、自分はこういう生き方をしたい」

と、親の生き方+自分の希望(意思)があるものです。

【親】と【自分】は別の人間という大前提を思い出してください。
親離れできていない、大切に育てられすぎていた方は、
この大前提を忘れている方がとっても多く、無意識に苦しんでいます。

ここに気づくと、結婚というを目標を人生に定めたとき、
素直な自分の価値観や考えで相手を探し、見かけだけでない
【自分の幸せ】を掴む材料を発見できます。

私は、親の最大の望みは
同じ道を歩んでほしい、という願いに間違えて捉えられやすいもの
ではないかと思います。

「自分の生き方から、同じ間違いをしないように気を付けてほしい。
 この生き方を見て、知ったうえで、
 あなたの人生を楽しく幸せに、思い切り生きてほしい」

ここに尽きるのだと感じます。

「こんなことをしたら、こうなる」
「これは楽しく過ごせるよ」

という、ひとつの例。
どれを選ぶかは、すべてあなたが選べます。

頑固になって選んでも、その選択は足かせになるだけ。
素直に「何の心配もなく、自由に選べたら、どんな人生を送りたいか」
それがあなたの本音にとても近いと思います。

「親がこうだったから」「親が望んだから」という
【自分の意思を我慢して、いうことを聞くいい子】の人生は
幸せでしょうか?
繰り返しているよくないことに気づいているなら、
あなたでその連鎖を断ち切りましょう。
誰かの助けを借りて、行動してみましょう。

それがあなたの子孫への最大の貢献かもしれません。

“自分”という今回の人生を、しっかり生きていく。
それが、あなたの幸せへの第一歩です。

___________

———-

当社は、登録会員数および成婚数No.1の日本結婚相談所連盟(※)の加盟相談所です。

(※2020年9月 日本マーケティングリサーチ機構調べ )

———-

🕊Twitter

________________________________________

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【お試し】こっそり恋愛相談してみる

そのお悩み、無料でコンシェルジュに相談してみませんか?
実名などの個人情報厳守はもちろん、勧誘もなし。
誰にも相談できないお悩みを抱えるあなたへ、問題解決への小さなヒントになれば幸いです。

既婚者・カップル・パートナーシップや片思いなどの恋愛に悩むすべての方が、お気軽にご利用いただけます。

送ってみる