雰囲気イケメンはイケメンを超える!~内面~

hunikiikemenhaikemenwokoeru-naimen

こんにちは、仙台の結婚相談所マリッジコネクトです(^O^)/

毎日暑くて、エアコンが止まっているほうが
不安になりますね。

エアコンを開発してくれた方、神!!
ありがとうございます!!

先日は、雰囲気イケメンの作り方として
まずは≪外見≫をどう作っていくか?
について書いていました。

人は、外見から「あり・なし」を判断し
中身で決定していきます。
(商品のパッケージと一緒です)

ただし、いくらイケメンでも
そこにうぬぼれていると、女性は
すぐに勘づきます。
(女性の勘は、侮らないほうがよいです)

というわけで、今からでも気を付けていくことができる
【雰囲気イケメンになるための内面】について
書いていきます!

 

 

◆目次◆

・自信がある(おどおどしていない)
・気配りを感じられる(女性目線でうれしいことができる)
・知的な雰囲気(滲み出る賢さ)

 

 

・自信がある(おどおどしていない)

これは、よく言われていることですよね。
女性は【頼りになると思える人】に
安心感を覚えます。

学生時代に人気があった男子を振り返ると

* 生徒会・部長など賢さと積極性が感じられる
活動をしている
* 運動部で目立つ活躍をしている
* クラスで発言力がある
* やんちゃ(不良)でも仲間や女性への優しさを
与えている場面をよく見かける

こんなところがモテていたのではないかなと思います。

頭がいい➡知性
運動ができる➡生物として本能的にひかれる部分
影響力がある➡権力の強さ
ギャップ➡意外性は人の興味を引き付ける

人間とはいえ、本能で動く部分が大きいので
こうした上記の項目を無意識に好んで
好きになりやすいケースが多いものです。

自信があるように見える人になるためには
【自分で考える・行動する】ことで
あなた自身のぶれない軸「自分らしさ」を
強くしていけます。

手っ取り早く自信をつけたい!
と思う方は、まずは毎週2回程度の
筋トレがおすすめです。

(時間がかかってもいいなら
自分の弱さを認めることが一番大事です)

・気配りを感じられる(女性目線でうれしいことができる)

モテると思って、強引にグイグイ引っ張っていく男性は
確実に嫌われます。
そして、気配りをせっせとしても
女性が喜ぶポイントでなければ
「なんか挙動不審だな」とみられるケースもあります。

婚活の努力していても、そんなことでは悲しくてむしゃくしゃしますよね。

そんな無駄な努力を避けるためにも
男性が気を付けたい女性との大きな違いは、
【言わなくてもわかる】ことが全く違うということです。

男性が良かれと思っていることが
女性にとっては「そんなんじゃない!」と
イラつきポイントの場合が結構あります。

女性が「優しいな」「うれしいな」と感じる
“気配り”が何かを知りたい方は

*少女漫画が原作の映画を見る(イラつかないで冷静に)
*婚活アカウントor結婚相談所の担当者のSNSをチェックする
(具体的なアドバイスが書かれていることが多い)
*女友達の恋バナを聞く
(リアルな女性の感覚がわかる、自分の考えの癖に気づく)

アニメの女性キャラは、ほぼ参考になりませんので
(男性の憧れが詰まったキャラが多い。
リアルな女性は違います…)
現実世界を背景にしたドラマなどから始めてみましょう。

・知的な雰囲気(滲み出る賢さ)

これは、特に勘違いしやすい項目です。
かっこいい横文字の専門用語や略語を並べ立てて
話すのはやめましょう。

同業者ならOKですが、異業種との合コン・婚活パーティーでは
「自分に酔っている勘違い」という印象になるのでマイナスです。

賢い人は【専門用語を、誰にでもわかる言葉で話せる】人です。

また、知的さは話の切り返しやツッコミ、
ユーモアに滲み出てくるものです。

こればっかりは時間や経験、普段からどれだけ自分の言葉で
考えているかが重要です。

これだけは気を付けておきたいことは

【知識を自慢しない・ひけらかさない】こと。

聞かれて初めて答える、くらいがちょうどよく
姿勢を感じてもらえます。

イケメンに勝る雰囲気イケメンは、

●自分に”似合う”を知り、健康的な体であることがわかること
●いつか一生一緒にいたいと思える女性を大切にするために
いろんな人にガツガツしない
●女性(好きな相手)を知ろうと心掛ける
そんな人が、女性から「いいな」と感じてもらいやすいです。

きっと、その努力に気づき、一緒にいたいと
思ってくれる素敵な女性ときっかけが掴めるようになると思います。

___________

———-

当社は、登録会員数および成婚数No.1の日本結婚相談所連盟(※)の加盟相談所です。

(※2020年9月 日本マーケティングリサーチ機構調べ )

———-
🕊Twitter

________________________________________