不安な彼女の対応参考一覧

huannakanojonotaiousankouitiran

こんにちは、仙台の結婚相談所マリッジコネクトです(*’ω’ *)

今日も今日とて、雨ですね。
昨日の七夕は、いかがお過ごしでしたか?

小学生低学年までは、適当な笹をとってきて
一心不乱に折り紙で飾りを作っていたものです。

織姫と彦星のロマンスを感じつつ、
「願いが叶いますように…」と
真剣に願い事を書いていました。

覚えているお願い事と言えば、
「絵本に出てくるような国に住みたい」
「才色兼備になりたい」でしょうか…(笑)

1つだけ本当に願いが叶うなら、皆さんはなにを願いますか?

ちょっとだけ考えてみると、自分の本心に気付く
きっかけになるかもしれませんね。

さて、先日の記事では、女性は不安になりやすいことを書きました。

今日は、そんな不安になる彼女への対応を
一覧として書き出してみます。

(超遠距離恋愛な織姫たちは、己の不安とどう付き合っているのか
とても気になります…)

__________________________________

まず、そもそも不安になりやすい特徴の女性がいます。

●肯定された経験が少ない・疑心暗鬼になっている

いわゆる自己肯定感が低い人です。
誰かに褒められることがほとんどなかったため、
自分のことを肯定できずに不安に襲われます。

もしくは、過去に何らかのトラブルや嫌がらせなどで
誉め言葉を素直に受け入れられないのかもしれません。

●細かいことに気が付く

感受性が豊かで、もらい泣きや映画などに
心を揺さぶられやすいのがこのタイプです。

特に、相手の行動・表情・言葉使いに関して
観察眼が鋭く、ちょっとした矛盾や言葉の棘を
そのまま受け取ってしまうため
不安になりやすく、「本当は違うんじゃないか」と
なかなか心を許してくれないことがあります。

●プライドが高い

他人の目を気にしやすいタイプです。
単純にこだわりが強いだけの場合もありますが
自分に自信があるタイプと
過去のトラウマにより強気を演じているタイプがいます。

どちらにしても、心の底では不安を感じていることがほとんどですので
「気にくわないな」と毛嫌いすると
相手の本質に触れる機会を逃してしまうことがあります。

女性は、生物学上”不安”を感じやすい生き物であることがわかっています。
子育てや夫の帰りを待つために、今考えられる不安要素をつぶしておくセンサーが
働くため、男性にとっては「そんなこと?」と思うような心配も
彼女にとっては大切な問題であることが多いかもしれません。

そんな時、男性が知っておきたい彼女への付き合い方を紹介します。

1.日ごろから愛情表現をしておく

「あなたのことが大好きだよ」という気持ちを表現するだけで
彼女の不安は軽減できることがあります。

以心伝心と言う言葉がありますが、男女では
“当たり前”だと思うことが全然違います。

「男と女は違う生き物」という意識を忘れず、
思いはきちんと口に出したり、表現することが大切です。

「このご飯おいしいね。料理上手だね」
「いつもかわいいね」
「大好きだよ」
「愛してるよ」

そうすることで、彼女も安心してあなたに甘えてくれるかもしれません。

2.サプライズをしてみる

大がかりなものでなくていいので、やってみると吉です。
テーブルの上にちょっとした花束を置いてみる、
帰りに彼女が好きそうなケーキを買って帰る、
デザートにプレートメッセージをつけてみる…

こんなところをやってみると、喜ぶ顔がみられるかも。

3.嘘をつかない

どんな嘘もつかないほうがいいと思います。
たとえ喧嘩をしていても、冗談であっても、傷つけるような一言は
根強く心に刺さるものです。

たとえ優しい嘘であっても、それがバレたときに信頼度が下がる可能性があります。
日ごろから嘘をつかずにいることで、彼女との信頼関係を築いていきましょう。

ちなみに、女性は男性の矛盾によく気が付きます。
言わないだけで、結構気が付いているものなので
どんなに自信があったとしても、嘘はつかないほうが賢明です。
(当然ですね!)

4.予定は事前に伝えておく

出かけ先・スケジュールは彼女に伝えておいたほうがいいです。

女性にとって1番の不安要素は【先が見えないこと】

産める性を持つ女性は、自分の体にタイムリミットがあることを
日ごろから感じています。
想像ができないこと・先の見通しが立たないことに対して
相当なストレスを感じています。

それは、恋愛関係にとっては顕著に現れます。

「〇時に帰るよ」
「今週は残業確定なんだ」
「月末の連休は、1日あけられるよ。この日は高校の友達と飲みなんだ」

など、今わかる範囲のものを伝えてあげると
いらぬ誤解や不安を感じさせることもなく
素直に話を聞いてくれるでしょう。

予定がはっきりしない場合は、
「この日は高校の友達と遊ぶかもしれないんだ。
自分としては、〇日は君と過ごしたいと思っているから、
週末には返事するね」

と、【予定がわからないこと+自分の思い+位置までに返事できるか】を
伝えられると、彼女も落ち着いて返事を待ってくれます。

仕事でもするように、誰かに予定を伝えるときは
言葉を面倒くさがらずに、きちんと伝えると
のちのイライラやしなくていいケンカを回避することができると思います。

婚活で、やっと出会えた大切な相手です。
ぜひ、参考にしてみてください。

___________

———-

当社は、登録会員数および成婚数No.1の日本結婚相談所連盟(※)の加盟相談所です。

(※2020年9月 日本マーケティングリサーチ機構調べ )

———-

🕊Twitter

________________________________________